弁護士が対応し、競売取下げに成功

【ご相談者様】

東京都在住 福田様(仮名) ご夫婦

年齢:60代

 

【ご相談時の状況】

住宅ローンを借り入れて自宅を取得しましたが、定年退職後収入が減少しローンの支払いが十分にできなくなりました。

 

ac76d8f70cc3404b711e90346e04c406_s

競売通知が届き、急いで不動産会社に相談しましたが、競売にかけられた不動産では任意売却できないといわれ、どうしたらよいかわからず弁護士に相談しました。

 

【債務の状況】

借入先:第一順位   住宅金融支援機構

第二順位 保証会社

借入残高:1,500万円

未払いの税金・管理費等金額:なし

 

【弁護士からのアドバイス&対応】

今回、競売を申し立てたのは第二順位の債権者からでした。債権者に任意売却の意向があることを伝え、競売の取下げに成功しました。

 

≫ポイント 弁護士法人サクセストの弁護士は不動産業務にも精通しています。

不動産会社に断られてもあきらめずに、お早めにご相談ください。

 

218671

 

【お客様の反応】

収入が減ってローンが払えなくなった時点で、もっと、早く相談すべきでしたが、サクセストに相談して、競売が取り下げになりほっとしました。

 

任意売却も弁護士法人に紹介いただいた不動産会社に依頼できるため、条件交渉から売却まですべてお任せできて安心です。

 

▽▼▽ 住宅ローン返済で お悩みの方へ ▽▼▽

 

競売の取り下げに成功

【ご相談者様】

埼玉県在住 大田様(仮名) 男性

年齢:50代

373649

【ご相談時の状況】

ローンを組んで投資用マンションを購入し、しばらくの間は、賃料で得た収入で返済していました。

賃料収入が減り、ついに後順位の抵当権者への返済が困難になり、競売にかけられてしまいました。

 

【債務の状況】

借入先:第一順位 金融機関   

第二順位 ノンバンク

借入残高:1,000万円

未払いの税金・管理費等金額:なし

 

【弁護士からのアドバイス&対応】

法律上、競売を申し立てた債権者の債権に優先する債権(「優先債権」といいます)がある場合は、物件の売却見込み価額が優先債権額に満たないときは、裁判所を通じて競売申し立ては取り消されます。

今回、第二順位の債権者から競売を申し立てられましたが、第一順位の債権者への残債務より高く売れる見込はありませんでした。

そこで第二順位の債権者に対し、競売しても無剰余であることを通知し、競売を取下げることに成功しました。

 

≫ポイント 競売通知が届いてもあわてずに、弁護士に相談して解決

 競売通知が届いても慌てずに、まずは法律の専門家である弁護士に相談してください。

 4be079df052480cfcc1dd5d3332b8d5a_s

 

【お客様の反応】

投資用マンションを手放さずに済んで、大変安心しました。

各債権者と合意したリスケジュール後の条件で返済が継続できればローンが完済できる見込みです。

 

▽▼▽ 住宅ローン返済で お悩みの方へ ▽▼▽

 

親族の支援を受け 競売取下げに成功

【ご相談者様】

都内在住 坂本様(仮名)男性

職業:自営業

年齢:50代

         e72001241f07a3b9254583c491b3004d_s

 

【ご相談時の状況】

事業資金の借り入れなどの返済が大きく、住宅ローンの返済ができなくなってしまい、債権者から競売を申し立てられてしまいました。

自宅を査定したところあまり高い金額にならず、任意売却した代金だけでは住宅ローンを完済できないことがわかりました。

何とか自宅だけでは残したく、弁護士に相談しました。

 

【債務の状況】

借入先:大手金融機関

借入残高:3,000万円

未払いの税金・管理費等金額:若干額

 

【弁護士からのアドバイス&対応】

物件が競売にかけられても、ローンの残高以上の金額で売却できる見込みは少なく、

445545債務の一部が残ることが予想されました。

 

そこでまずは債務を減らすことを最優先として、債権者と交渉し、ご親族の支援を受けて早急に住宅ローンを返済し、競売を取り下げてもらいました。

 

≫ポイント  交渉のプロである弁護士が債権者と競売取下げ交渉します

 

【お客様の声】

ローンを返済することができ、立退きしなくて済んだため、家族と自宅に住み続けることができました。

 

▽▼▽ 住宅ローン返済で お悩みの方へ ▽▼▽